TOPページに戻る
刀の一覧に戻る
刀剣はたや 日本刀詳細ページ
詳細画像
特別保存  
脇指 無銘 伝 宇多国房 品番
 31-1962
Wakizashi Den Uda KUNIFUSA 国・時代
南北朝末期〜室町初期 越中
拵え付き 白鞘入り
刀長 37.4cm(1尺2寸3分) 反り 0.6cm(2分) 元幅 3.09cm 先幅 2.91cm 元重 6.0mm 先重 4.1mm  刀身重量 裸身 270g  鞘を払って 490g  茎 摺上  目釘穴 3  刃文 直刃 価格
 770,000
 (税込価格)
伊達家伝来の平造り寸伸短刀である。昔は備前元重と極っていたが現在の鑑定では宇多国房となっている。地金は小板目良く錬れ帽子は尖りごころで未左か延寿にも見える名刀である。刃紋直刃小沸出来はばき元金線入り刃冴えて所々葉が飛び名品である。拵えは箱書に記入してある通り一点も抜けが無い。鍔、栗型後藤作、魚子地小菊の図金象嵌。目貫大森直英作、四分一表違公、裏婆に月の図、縁後藤作菊花弁、頭後藤作金無垢小菊の図。小柄、笄後藤作 金着 赤銅司馬遷公の図