TOPページに戻る
刀の一覧に戻る
刀剣はたや 日本刀詳細ページ
詳細画像
刀 濃州関住兼則 品番
 31-1929
Katana Nousyu Sekijyu KANENORI 国・時代
昭和 美濃
拵え付き 
刀長 68.5cm(2尺2寸6分) 反り 1.2cm(4分) 元幅 3.22cm 先幅 2.52cm 元重 6.8mm 先重 5.6mm  刀身重量 裸身 690g  鞘を払って 980g  茎 生  目釘穴 1  刃文 互ノ目丁子 棒樋有 価格
 260,000
 (税込価格)
志賀関とは尾張の春日井郡山田庄内の志賀に関から移住して鍛刀していた兼延と門人の延次を志賀関と呼んでいる。作風は村正に似ると云う。。地金板目肌流れごころ、匂口小沸出来刃冴える。小足入り砂流しかかり出来が良い。