TOPページに戻る
刀の一覧に戻る
刀剣はたや 日本刀詳細ページ
詳細画像
 特別保存  
刀 栗原筑前守信秀 慶応三年十二月日 品番
 31-1904
Katana Kurihara Chikuzen nokami NOBUHIDE 国・時代
幕末 江戸
拵え付き (※他に黒の替鞘有) 白鞘入り 
刀長 71.2cm(2尺3寸5分) 反り 1.4cm(4分6厘) 元幅 3.29cm 先幅 2.89cm 元重 6.2mm 先重 4.8mm  刀身重量 裸身 700g  鞘を払って 1,010g  茎 生  目釘穴 1  刃文 乱刃 価格
 2,500,000
 (税込価格)
清磨門人で第一位である。彫物の名人と云う。刀で菖蒲造りは初見である。年号も十二月と切るのは注文者の求めであろう。普通二月、八月と切る。筑前守受領は慶応元年五月。刃紋小沸出来 刃冴えて足さかんに入る。地金小板目肌良く詰む。