TOPページに戻る
刀の一覧に戻る
刀剣はたや 日本刀詳細ページ
詳細画像
 特別貴重刀剣  
刀 芸州住正光 慶応二年二月日 品番
 31-1857
Katana Geisyujyu MASAMITSU 国・時代
 昭和 美濃
幕末 芸州(安芸)
刀長 71.5cm(2尺3寸6分5厘) 反り 1.36cm(4分5厘) 元幅 3.16cm 先幅 2.46cm 元重 8.3mm 先重 5.9mm  刀身重量 裸身 850g  鞘を払って 1,200g  茎 生  目釘穴 4  刃文 乱刃 価格
 550,000
 (税込価格)
青木元長子 石橋正光 天保十一年広島藩お抱え刀匠となる。元治元年に長州戦争により藩より200振の注文が入り、元治二年(慶応元年)に納品。広島では人気刀工の一人である。刃紋互ノ目乱 鍛小杢肌 小足良く入る。