TOPページに戻る
刀の一覧に戻る
刀剣はたや 日本刀詳細ページ
詳細画像
 保存付  
刀 伊勢大掾兼重作 兼豊(花押) 品番
 31-1777
Katana Isedaijyou KANESHIGE Saku Kanetoyo 国・時代
 加賀 幕末
拵え付き  白鞘入り
刀長 68.6m(2尺2寸6分) 反り 1.4cm(4分6厘) 元幅 2.96cm 先幅 2.30cm 元重 7.0mm 先重 5.6mm  刀身重量 裸身 750g  鞘を払って 1,100g  茎 生  目釘穴 1  刃文  乱刃 価格
 500,000
 (税込価格)
兼重、兼豊の合作刀である。兼豊は兼重の弟で甚吾と云う。兼重は木下甚之丞と云う。安政六年伊勢大掾受る。加賀藩末期の刀工では兼重と清光が双璧である。兼重は当国の先輩兼若の乱刃を模した優品である。刃冴えて沸厚く付き出来が良い。