TOPページに戻る
小物の一覧に戻る
刀剣はたや 十手詳細ページ
詳細ページ
十手 JYUTHUTE
商品番号 34-051
価格   850,000円  (税抜価格)
 この品は昔 名和 雄氏が所蔵していたのを譲り受け、あるコレクターが長い間所持していたのを手放した品である。
 
1. 与力の指揮用の十手である。棒は鉄地に銀張りが施してあり中頃がくびれ先の方でグッと太くなる。金具類は全て真鍮。木瓜型の鍔が付き座金は先に銅、次に真鍮製、柄は皮巻きで漆で出来ている。鞘が付いているのが非常に珍しい。こげ茶呂色で塗ってあり鯉口が赤銅で輪が付いている。
 
 
 
2. 江戸八丁堀同心の十手である。真鍮の棒身に銀流しの渡金を施している。棒身に真鍮を用いる事や柄の先端に紅朱銅を施すのは同心十手の定式である。柄に唐草の文様が彫り込まれているのも同心十手証である。
 
 
 
 
3. 珍しく朱塗の十手である。棒身は先の方が心持太くなる。鍔は銅製で菊座は真鍮と銅で作られ柄は琴糸で巻かれ、頭と鐶は、銀製である。
 
 
 
 
 
 4. 細身の十手である。鉤が珍しい。前後の座金が菊座型で二種類が入れてあり、かなり凝った作りである
 
 
 
 
 
 
5. この十手は専門十手鍛冶師の作である。鉤の刻みが珍しい。?頭の端が銀で作られ紐付け鐶が真鍮製で三重になっているのも珍しい。 
 
 
 
 
 
小物一覧のページに戻る
トップへ